動画でわかる!ペーパークラフトの作り方

ペーパークラフトの作り方

ペーパークラフトを作る上で必要な道具やその使い方、きれいに作るコツを動画でご紹介します。
クリエイティブパークでは、簡単に組み立てられる動物から、じっくりと時間をかけて組み立てを楽しむ精密クラフトや人気のミニチュアまで、幅広く取り揃えています。

① 道具や材料を用意する

道具や材料を用意する

以下の道具や材料を準備します。

  • はさみ、カッター、スティックのりと木工用ボンド、定規、三角定規、鉛筆
  • 先の尖った物(使用済みのボールペン、鉄筆など)、つまようじ、ピンセット
  • 用紙(各コンテンツのコンテンツ情報に推奨用紙を紹介しています。)

道具や材料の用意が整ったら、データをダウンロードし、プリンターで印刷します。

② 折りスジをつける

印刷ができたら、パーツを切り取る前に折りスジをつけましょう。

折り線に定規をあてて、 使用済みのボールペンや鉄筆など、先の尖った物でスジを付けておくと、折りやすく、きれいに組み立てる事ができます。

① おおまかに切り取る

パーツはいきなり細かく切り抜かず、はじめに周りを大まかに切り取ります。

② 番号を書く

切った後でどのパーツか分からなくなる事がないように、切り取ったパーツの裏に、鉛筆で薄くパーツ番号を書いておきましょう。

③ 直線や切り抜き部分

直線や切り抜き部分は、カッターを使うときれいに切ることができます。

※指等を切らないように十分に気を付けてご使用ください。

④ 曲線部分

曲線部分は、はさみを使うときれいに切ることができます。

はさみを使用する際は、はさみを動かして切るのではなく、紙を手前に引きながら切りましょう。

※指等を切らないように十分に気を付けてご使用ください。

① 大きなパーツの場合

折り線に定規をあててしっかり折ります。

② 小さなパーツの場合

ピンセットで挟んで折ります。

① 大きなパーツの場合

大きなパーツは、机の角やスティックのりの丸みなどにパーツをあてて、しごきます。

② 小さなパーツの場合

小さなパーツは、ペンや竹串などの細くて丸いものにパーツをあてて、しごきます。

① 広い面の接着

広い面を貼る場合は、スティックのりがおすすめです。

紙の切れ端等をパーツの下に敷いておくと机にのりが付くのを防げます。

② 細かなパーツの接着

細かなパーツは、木工用ボンドがおすすめです。

紙の切れ端などにのりを出し、つまようじ等で薄く伸ばしながらのり付けします。のり付け後は貼った箇所をピンセットなどでしっかり押さえて固定します。

③ 接着の小技

のりしろではなく、のりしろを貼り付ける側にのりを付けると、接着しやすくきれいに仕上がるパーツもあります。

① 完成写真を確認する

完成写真を確認する

ダウンロードページの写真などを見て、完成するとどのような状態になるかを確認しながら組み立てると、間違いも少なく、バランスよく組み上がります。

② 切り取り線の切り方

パーツを切り取る際は、切り取り線の内側を切ると、完成時に余分な線が見えにくくきれいに仕上がります。

③ 紙の断面を塗る

紙の断面の白い部分は、パーツと同じような色のペンで塗っておくと完成度が格段に高くなります。組み上がった後も、気になる箇所があれば塗ってみましょう。

このページのトップへ

HOME / ペーパークラフトの作り方
HOME / ペーパークラフトの作り方